最近の記事

  1. 器具を使った包茎矯正(08/12)
  2. 包茎と早漏(05/29)
  3. 包茎と短小(04/25)
  4. カントン包茎について(04/24)
  5. 真性包茎について(04/22)
次のページ

器具を使った包茎矯正

2009.08.12(20:55)
器具を使った包茎矯正 包茎の矯正のために、器具を使うことがあります。 もちろんお金はかかりますが、効率のよい矯正が可能です。 包茎の種類により、使う器具も変わってきます。 仮性包茎の矯正器具 仮性包茎の矯正には、包皮を剥いた状態にする、いわゆる剥け癖をつけることが必要です。 常に亀頭を出しておくことにより、それが癖づいて、あまり皮が被らなくなります。 皮オナニーをしている人は、せっかく矯正してい...


包茎と早漏

2009.05.29(09:12)
【包茎だと早漏になる?】 はい。仮性包茎だと早漏の確率が高いです。 個人差もありますが、露茎と比べれば比率的に出ると思われます。 真性包茎やカントン包茎は、早漏というより、セックス自体が痛くて容易でないケースが多いので別物と考えます。 【遅漏は苦痛?】 ただ、挿入時間が長ければいいと言うものではありません。 女性の意見を聞くと、射精までに時間がかかるいわゆる遅漏の男性は苦痛だとよく聞きます。 あ...


包茎と短小

2009.04.25(17:34)
【包茎だと短小になる?】 短小包茎など、2個1みたいな言葉になっていますが、本当に包茎だと短小になるんでしょうか? これをテーマに調べてみました。 【子供の頃に包茎手術すると大きくなる】 信憑性あるようです。 子供の頃から包茎手術を済ませている人は結果的に大きいペニスになっている比率が高いです。 【真性包茎だとペニス成長の妨げになる】 結局、思春期の段階で、成長の邪魔になる包皮がどれだけ早くか...


カントン包茎について

2009.04.24(08:59)
【カントン包茎】 カントン(嵌頓)包茎は包皮口が狭く、通常時は皮が剥けるが、勃起時は剥けない状態です。 このカントン包茎という言葉は日本特有のもので、通常は仮性包茎と真性包茎の2種に分けられます。 【一番危険な包茎】 デメリットで言えば、真性包茎の方が多いのですが、実はカントン包茎が一番危険な包茎になります。 通常時は皮を剥くことができるので、剥いた状態のまま勃起してしまうと。。 大きくなった亀...


真性包茎について

2009.04.22(20:42)
【真性包茎】 包皮口が異常に狭いために、通常時、勃起時ともに皮を 剥くことができない状態です。 包皮口が狭いだけでなく亀頭と包皮が癒着している場合があり、 無理にむこうとすると出血してしまう場合もあります。 【少数派】 包茎の中ではかなり少数派なタイプで全体の1〜2%となります。 (1〜2割ではありません) たまに「誰々ちゃんの元彼が真性包茎だった」とか話を 聞くことがありますが、実際自分の周り...


| ホームへ | 次ページ
最近のエントリー
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
プロフィール

もっち

Author:もっち
DTIブログにようこそ!

検索フォーム

RSSリンク
PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログからのお知らせ